やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第18次応募作品】

あの日、成人式まで頑張ると言ってたね。
もう来年は花嫁よ。二人の自慢の孫だもの
綺麗よきっと。どうか見守っていて。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆきしゅこ・東京都・54才・女性〉からの投稿

見せてあげたい景色がある。会わせてみたい人がいる。叶わない思いでも、手を合わせてお線香をあげれば、残された者の心の染みも浄化されていく気がします。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ