やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[関わった大切な人達]の想い 女性 30歳代

【第18次応募作品】

線香の煙に包まれる不思議な安心感。
手を合わせ、ここでだけ涙が流れる。
弱い自分を見守っててください。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゴン・奈良県・32才・女性〉からの投稿

不思議なんですが、仏間で手をあわせると強がっていたものが全てはがれて、ありのままの自分がでてしまう。生きていく上でたくさんの人に出会い、助けられ、またその人達の悩みや苦難を聞くこともあります。目に見える人達のことしか思える余裕はないけれど、少しだけ自分が頑張れば変わる世界がある時に、見守っててほしいといつも手をあわせて祈ります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ