やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第18次応募作品】

花畑のある世界に逝って二年が過ぎたね
病院では会話も出来ない苦しさと戦ってたね
私も後で逝きます。道案内をヨロシクね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈きらず・福島県・55才・女性〉からの投稿

脳梗塞の後遺症で半身麻痺が残り車椅子生活を余儀なくしていた。10年間の闘病生活。肺炎の悪化により施設から病院へ行っても数時間後には、他界。呼吸が苦しく、酸素をしていても痰の上昇でゼィゼィと。現在、私自身も体調不良の為、そちらに先に行った先輩母親に、道案内を依頼してます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ