やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[子どもへ]の想い 女性 50歳代

【第18次応募作品】

今日きみの友人は
あんなに長いこと
何を話していったの?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈よなちゃん・愛知県・58才・女性〉からの投稿

8年前、高校1年生になったばかりの次男が、突然の事故で逝った。友人たちが、毎年のように焼香に来てくれている。この春、国家試験に合格して就職が決まった一人の友人が、とても長い間、仏壇の前で手を合わせていた。きっとたくさんの報告があったに違いない。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ