やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第18次応募作品】

いつも皆を守ってくれてありがとう
おじいちゃんの自慢の孫でいたいから
清く、正しく、誠実に、明日も頑張るよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈まごっこ・東京都・30才・女性〉からの投稿

かわいがってくれた祖父にお線香をあげるとき、毎日必ず伝える言葉です。ずるをしたくなるときも、逃げたい何かがあるときも、この言葉を祖父に約束したのだと思うことでまっすぐな心持ちでいられます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ