やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 ~20歳代

【第18次応募作品】

居るのかないつも無口な祖父がいた
居るだけでその場の雰囲気引き締まる
亡くなってから有り難みを知る

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈パプリカ・山梨県・28才・男性〉からの投稿

祖父の家に行くといつも無口な祖父がいましたが、葬儀に参列した方の多さで祖父に対する信頼や偉大さを知りました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ