やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[兄弟姉妹へ]の想い 男性 30歳代

【第19次応募作品】

あなたと同じ歳になって
とうとう追いついたかと思ったけど
僕は僕なんですね やっと気付いた

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆう・大阪府・34才・男性〉からの投稿

34歳で他界した2歳離れた兄がいました。兄は明朗快活で友達も多い人でした。兄亡き後、私は追いつこうと必死で今まで来ましたが同じ歳になり、ようやく足を止め気付いたのです。私は私でしかない、これから自分の道を自分らしく生きなければと。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ