やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[亡き祖母へ]の想い 男性 ~20歳代

【第19次応募作品】

「帰ったよ」「じゃあまたね」
口にするのはそれだけでいいのでしょう?
また元気な姿を見せに来るから。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈望月餅乃・兵庫県・23才・男性〉からの投稿

実家を出ている私は年に数度、帰省の折に祖母の墓参りに行くのだが、ある時体調を崩して帰省出来なくなってしまった。その時ふと思い出したのが、生前「健康な姿を見せてくれれば良い」と言っていた祖母の言葉だった。いくら思いがあっても、墓前に行かなくては伝えることができない。祖母は私に会えなくて悲しんでいるのではないか。そう考えた私は、健康な姿を見せられるよう意識するようになった。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ