やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 60歳以上

【第19次応募作品】

記憶も写真もない祖母ちゃん会えるものなら
母の想いを聞いてよあなたの思いを伝えてよ
どんな顔どんな声どんな人なの?会えたらな

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈吉 哉郎・鹿児島県・66才・男性〉からの投稿

母は私生児で、祖母は母が二歳の頃病死したとのこと。母の記憶の中には祖母の存在はないようです。写真も全て戦争で焼失したとのことで、母は祖母のことには一切触れようとしません。孫としては墓で手を合わすたびに祖母の情報が一切ないことに悶々としております。そして母の沈黙にも…

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ