やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第19次応募作品】

実は私の方が先に余命宣告されてたんだよ。
貴女は何も知らず先に逝ったけど
これも一つの親孝行だよね?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈せとか・愛媛県・62才・女性〉からの投稿

数年前、私が治療法がないとされるガンに罹患し、年単位の余命宣告を受け、母よりも先に逝く可能性があったが、それは母には伝えなかった。その後、母にもガンが発覚、昨年亡くなった。寂しくはあるが子が親よりも先に逝くという悲しい思いをさせずに済んだという安堵の思いも有り。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ