やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第19次応募作品】

髪に匂いがついたら困るから
今日は短めでごめん
でもお願い見守ってて今日会う人との明日

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈みけ・群馬県・55才・女性〉からの投稿

何故かお仏壇は私の部屋にありました。七つの時に亡くなった父親にお線香をあげるのは私の仕事。でも年頃になってくると色々と気になることが増えてきて。嫌だけど守ってほしいという思春期の心を思い出して書いてみました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ