やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第19次応募作品】

お母さん お父さんと一緒にいますか、
私は空を見上げ 仏壇の二人に語ります。
いつも守っているよ。それだけが支えです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひ〜子ちゃん・愛媛県・71才・女性〉からの投稿

父が91歳で亡くなり、遺された痴呆症の母と、それから9年間家庭で過ごしました。97歳でむこうの世界に行った母。母は健全は精神でいます。父と手をつなぎ座っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ