やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第19次応募作品】

イラッ、ムカッ、カチンとしたときに
お線香をあげていると気付いていましたか?
私、まだお母さんの足元にも及ばないわね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈鈴木蘭・北海道・70才・女性〉からの投稿

母の穏やかな微笑みは、周囲の人をいつも温かく包んでくれていました。全てを受け入れて、自身のうちで昇華していたのではないでしょうか。苛々したとき、彼女の顔を思い浮かべると、心が静かになるのです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ