やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第10次応募作品】

手紙送っても父からの返事来なかったけど
遺品から出てきた私の手紙の裏に
「頑張っている様子嬉しく思います」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈すず・神奈川県・45才・女性〉からの投稿

今年6月に亡くなった一人暮らしの父の遺品から私の送った手紙が出てきました。仕事や恋愛など一番つらかった時期(12年前)に父に送った手紙でした。その手紙の裏に父の返事が。涙が止まりませんでした。「孝行したい時に親はなし」ということわざは本当にその通りですね。ごめんね、親孝行してあげられなくて。返事ありがとう。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ