やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第20次応募作品】

貴方の帽子を被ってちょっとターン
私を包む白檀の香りが嬉しくて
もう一度そっと回った

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈雛乃 だりあ・岡山県・63才・女性〉からの投稿

いつもお気に入りの帽子を被ってお洒落な母でした。肩身分けに、好きな帽子を孫たちにもらってもらい、我が家にもいくつか残しています。一周忌に久しぶりに手にとって被ってみたら、母がよく焚いていた白檀のお香の匂いが漂い、回ると一層母に包まれているような幸せな気持ちになりました。逝ってもなお懐かしい香りはここにあるのですね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ