やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 60歳以上

【第20次応募作品】

我が儘な小姑でした。有難うが沢山有るけど
いつもいつも美味しいご飯をありがとう
洋服を厭わず何枚も縫って下さり有難う感謝

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈何時までも末っ子・大阪府・77才・女性〉からの投稿

我慢強い義姉でした。どうぞ安らかに休んで下さい

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ