やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第20次応募作品】

自粛で祖母は外出できない日々が続いたけど
祖父の仏壇と向き合う機会が増えたので
引きこもるのは全然苦じゃなかったみたい

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈マサキックス・岐阜県・39才・男性〉からの投稿

祖父が亡くなった後、一人暮らしをしている祖母は、コロナの影響で外出できない日々が続いたそうです。でも、その分祖父の仏壇に手を合わせる機会が増えて、心が落ち着く期間が増えたので、不思議と家に引きこもるのは苦じゃなかったそうです。祖母のことを見守ってくれていた祖父にありがとうと言いたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ