やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[大切なひいおばあちゃんへ]の想い 女性 ~20歳代

【第20次応募作品】

線香に火をつけ、電話をかけるよう
話しかける。ひいおばあちゃん結婚したよ
もう心配しないでね。大好きだよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈実奈里・東京都・27才・女性〉からの投稿

ひいおばあちゃんに良く仕事のことや結婚のことやすごく心配されていた、我慢が足りなさすぎる!と怒られていた結婚して、おばあちゃんに会いに行こうと思っていた若かった私たちはスノボーに行ってしまいその1ヶ月後おばあちゃんの家に行こうと予約していたすこし前に亡くなってしまった過去には戻れないだからこそ今という大切な時間を貴重に使って欲しい

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ