やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第20次応募作品】

亡くなる直前まで働いていたお父さん
家族みんなで旅行したことなかったね
旅先での思い、お線香消えるまで話す

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈万葉・千葉県・64才・女性〉からの投稿

父の死は突然でした。私たち姉妹は、子育てや仕事に忙しいときで、舅姑と同居していたこともあり、実家にあまり足を運んでいませんでした。気づけば、家族旅行などしたことがなかった。今、旅先でなくなった父母のことを思い、気兼ねなくいけるようになった実家でゆっくりと父母に語りかけています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ