やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[曾祖母]の想い 女性 ~20歳代

【第11次応募作品】

おっきいばあばそっちはどうですか?
おじいちゃんには会えた?
私や弟のこともいっぱい話してね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈桜小町・神奈川県・24才・女性〉からの投稿

私は曾祖母の事をおばあちゃんの更におばあちゃんで、「おっきいばあば」と呼んでいました。曾祖母は戦争で曾祖父を早くに亡くし、一人で子育てを頑張ってきました。なので、手を会わせる度に、曾祖父と再会をし、会えなかった時間に起きた積もる話をして欲しいなと願っています。私も弟も写真でしか曾祖父の事を知らず、会えない分、曾祖母が私達の事を伝えてくれたらいいなと思っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ