やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 男性 60歳以上

【第20次応募作品】

とうさんもかあさんも畑仕事を楽しんでる
新鮮野菜食べさせてやりたいなあ
それでいつ帰ってきてくれるんだい

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈さびしん坊・兵庫県・71才・男性〉からの投稿

巣立ってから滅多に帰郷してくれない子供らは、いつも夫婦の会話の中では昔のまま。新鮮で安全な野菜を食べさせて、子供らにふるさとが大切なんだと気づかせたいなあ。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ