やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[兄弟姉妹へ]の想い 男性 60歳以上

【第20次応募作品】

覚えてる母さん、五十年前の約束を
「大人になるまで幼い弟二人を頼んだよ」
去年弟直が逝っちゃった、会いたいな母さん

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈恒松・東京都・68才・男性〉からの投稿

母は五十年前、胃癌で亡くなった。父はその十年前に亡くなり、私たちは母一人に育てられていた。母が亡くなった前の晩、私は当番で病院に泊まっていた。その時、母が私に言ったのが、「大人になるまで幼い弟二人を頼んだよ」の遺言だった。私はその約束を守り、二人の弟は結婚し、子や孫にも恵まれ無事還暦を迎えたが、弟の一人「直ちゃん」が昨年、癌を再発し亡くなってしまった。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ