やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[家族へ]の想い 女性 ~20歳代

【第21次応募作品】

線香をあげる、知らぬ人
誰かと話す祖母の表情
この感情は知らずにいたい

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈悠・大阪府・13才・女性〉からの投稿

祖母の表情は、「そぼのかお」と呼んでいただきたいです。親族というよりは身近なイメージで家族と書かせていただきました。知らないご先祖様に線香をあげたときに、その人を知り今の話をする祖母の感情はいつか知ることになるけれど、知らないままみんなで暮らしたいなと思いました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ