やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


応募作品

※各作品の詳細ページは「詳細はこちら」ボタンをクリックするとご覧になれます。

【第21次応募作品】

お饅頭とお線香と
つたない私のお題目
どれが一番のごちそうですか

(すすすん・新潟県・56・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

なぁ母ちゃん
線香あげるんは母ちゃんの仕事やろ
何で今線香あげられとるんや

(西澤美智・和歌山県・59・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

香炉に挿す度に貴方とふと目が合って
恋に落ちた瞬間を思い出して、胸がざわめく
…貴方、知らないでしょう?

(ぷら吉・東京都・23・女性・友へ)

【第21次応募作品】

また君に 会えたらいいなと 想う日々
君といた 世界はとても ホッとした
今 君と 繋がる手段は この香り

(If2・石川県・14・女性・ありがとう)

【第21次応募作品】

この優し気な香りと共に
もくもくと白い揺らぎと共に
天まで逢いに行けますか?

(文音・千葉県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

有難う。
祖父と祖母が居たから
今の私が居ます。

(れいか・埼玉県・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

産んでくれて有難う
両親と一緒に暮らせて
幸せです。

(れいか・埼玉県・38・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

ずっと仲良くしていたかった君へ
突然のお別れは気持ちを持て余す
整理がつかないまま宙ぶらりんだ

(もどき・栃木県・47・女性・友へ)

【第21次応募作品】

いつも後ろを追って来たのに 今はいない
私は香りに想いを乗せて君を探す
くしゃみしながらじっと君は待っている

(いのまたかなこ・東京都・38・女性・ペット)

【第21次応募作品】

一杯の愛情をありがとう
父へ・母へ恩返しがしたい
精一杯の感謝を

(奈菜子・東京都・68・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

時々母は古い記憶をたどって呟く
生きていた頃の祖母との思い出を
後悔の念が、今も心の中でくすぶる

(もどき・栃木県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

初給料でカーディガンを買ってあげる約束、
守れなくてごめんね。代わりに誰かが
温かくなるよう、私がカーディガンになる。

(やさしみ・神奈川県・53・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

君を好きになれて良かった
でも私は君の運命の人ではなかった
いつまでも君の幸せを祈ってる

(レイカ・埼玉県・38・女性・恋人へ)

【第21次応募作品】

ばあちゃんの遺志を継いで始めた四国遍路
いまや線香や蝋燭の扱いもお手の物
般若心経も暗誦できるようになったよ

(ビーナッツ・大阪府・39・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

君を祝う大切な日にさよならを言うなんて
雨降れば涙を流し晴れの日は笑顔を浮かべる
明日は、また君のおめでとうとさよならの日

(ビーフカリー・京都府・53・男性・夫へ・妻へ)

【第21次応募作品】

今年もまた、暑い夏がやって来る
午後の昼休み、二人で会ったあの階段
あの頃の姿のまま、私の中で生きている

(もどき・栃木県・47・女性・友へ)

【第21次応募作品】

おじいちゃん
ついに曾孫が出来たよ
お空から見守っていてね

(ハイビスカスとバラ・愛知県・25・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

たばこが好きだったおじいちゃん。
子どものころは煙たくて苦手だったけど、
今ではなんだか懐かしく感じるよ。

(秋助・千葉県・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

ここで語りかけるたび
悲しみの心から
黒味が少しずつ引いてくよ

(こなお・東京都・51・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おばあちゃん、亡くなる前、傍に居るって
見えないけど、具合の悪い時に線香の煙で
体をさすると、確かにそこに居る気がする。

(姫路の殿様・兵庫県・68・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

お父さん、どう思う?
揺らいだ煙は「考え直せ」
香の香は 言葉よりも沁み入った

(さきやまみゆき・埼玉県・55・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

同窓会では、あんなに元気そうだったのに
医者のくせにあんなガンに負けるなんて
相撲を取ってた時の笑顔、忘れないから。

(姫路の殿様・兵庫県・68・男性・友へ)

【第21次応募作品】

お母さん、あの日、急逝してから9年
毎朝、仏壇脇の写真に報告に頼み事
好きだった線香の香り、今なら分かるよ。

(姫路の殿様・兵庫県・68・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

あなたのバラに
孫が
水やりしています

(原馬正文・滋賀県・65・男性・夫へ・妻へ)

【第21次応募作品】

受け取った葉書はいつも御元気ですか?
のみ書かれていた。気にかけてくれて、
ありがとう。元気だよ。

(うらのあやの・大阪府・43・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

七回忌は帰れません
遠くから北へ向いて
手を合わせます

(フクラギ・神奈川県・53・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

団らんの泣き笑いほど笑ってないね
仏壇横の写真
思い出す目尻拭く姿

(もちもちマロン・愛知県・50・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

朝は御願い
夜は御礼
いつも見守ってくれてありがとう

(松ぼっくり・静岡県・57・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

「廃墟の中からもう一度家を作り直すのだ」
今も私を励ます
祖父の言葉

(ゆきにゃん・福岡県・57・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

手を合わせるとき
泣いてばかりはダメだね
今も一緒にいるのだから

(まりこ・千葉県・30・女性・亡くなった弟の婚約者へ)

【第21次応募作品】

おはようも ただいまも
ここに座ると みな同じ
なむあみだぶつ南無阿弥陀仏

(すすすん・新潟県・56・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おばあちゃん子の私は
死ぬまであなたが一番の
頼り手であり、信頼者です。

(またあ・岐阜県・52・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

他界してから4度目の桜が咲きました。
満開の桜を好んだあなたも
天国から観てると信じます。

(またあ・岐阜県・52・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おはよう おやすみ
行ってきます ただいま
1番近くに居てくれるね お母さん

(RAY・大阪府・55・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

一緒にいた時間が居なくなった時間を超えた
だけどずっと私の弟だよ ずっと。
何人兄弟?の質問には3人と答えているよ。

(もん・東京都・41・女性・兄弟姉妹へ)

【第21次応募作品】

トンカラカラ 絆とは糸の半分 その
半分は過去へ 半分は現在へ 眼裏の一面は
糸を織り上げる景 母の火色の縞模様

(耳成保一・鹿児島県・60・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お父さんの教え子たち
今年もお墓参りに来てくれたよ
お父さんの心 今も生きているね

(彗未(すいみ)・東京都・56・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

60代で逝った弟よ
さぞさぞ悔しかろ
病に冒されただけだから

(sadoprince・新潟県・71・男性・兄弟姉妹へ)

【第21次応募作品】

この煙りよ 届け 想いとともに
手を合わせ 目を閉じると
目の前に あなたがいるように思える

(立川タヌ・東京都・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

生まれたよ
見たかったなぁ
お父さんが初めてのひ孫を抱く姿

(びんちゃん・大阪府・55・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

最近、花束やきれいなよい香りの線香を買う
ことが多くなった
もう一度会って感謝や昔話がしたかったのに

(あらたえ・徳島県・65・女性・友へ)

【第21次応募作品】

拝む時、線香ケチって半分だけど
ご先祖様、お父ちゃん色々いっぱい
お願いしても聞いてよね。

(すだちオバサン・徳島県・71・女性・夫へ・妻へ)

【第21次応募作品】

ありがとう、ありがとうと言っても
聞こえてくるはずない、声を探し、
また、頑張るとこころの母に誓う。

(ママぶー・大阪府・63・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

あなたの手のひらに蛍がとまった
おばあちゃんだと、あなたは泣いたね
今年は私の掌にとまってくれるかな?

(こずえ・東京都・54・女性・友へ)

【第21次応募作品】

両親をいつも見守ってくれてありがとう
仏壇の前でなくとも、私はいつも感謝です
おかげさまです。長生きしてます。

(きはる・兵庫県・52・女性・ご先祖様へ)

【第21次応募作品】

ねえおばあちゃん、余命2ヶ月と言われても
まだまだ食べっぷりは衰えません
あなたの娘は生命力にあふれてますよ

(きはる・兵庫県・52・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

兄が亡くなってもう2年
そうそう、昨日眺めた花火のように
でも、あなたの音だけが心の空で響いている

(やーくん・神奈川県・63・男性・兄弟姉妹へ)

【第21次応募作品】

私、こんなにおばさんになっちゃった
天国でお兄ちゃんに気付いてもらえるかな?
15歳のままでもずっとお兄ちゃんだよ

(さっちゃん・神奈川県・52・女性・兄弟姉妹へ)

【第21次応募作品】

半年経つけど、まだまだ涙がでちゃう
次から次へと思い出が溢れてくる
涙の分だけ幸せだったんだね 私

(ヒデのママ・神奈川県・52・女性・愛犬)

【第21次応募作品】

私が婚約者を連れていった時だけ
おばあちゃんは急にシャッキリして
「どうぞよろしくお願いします」って

(カイセママ・静岡県・48・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

いつか飲もうと思っていたが
まさかと思うあの電話
もう飲めないかあの取って置き

(案山子・愛媛県・71・男性・友へ)

【第21次応募作品】

人の悪口を言わなかった母さん
つい悪口を言いそうになる時
母さんを思い出し、自分を戒めています

(Q幸・大阪府・66・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

もう一度会えるなら
おばあちゃんのおにぎり
食べたいなあ

(さとう えりか・千葉県・31・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

だんだん大人びた態度になってきた
だけど口を半開きにした寝顔を見ると
何でも許してしまう成長しない親バカな私

(産業センター・新潟県・48・男性・子どもへ)

【第21次応募作品】

ばあちゃん元気だが?会いでのぅ。
でもまだまだそっちには行けないから
家族として生まれ変わってきてもいいよ

(Mari・山形県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

ばあちゃん、ありがとう
あれだけ呆けてても
わたしの名前だけは忘れなかった

(吉田 ルイ・青森県・32・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

どうしようもうすぐ日が暮れる
大丈夫だよとしか言えなくてごめんね
お母さんの寂しさ今わかるよ

(夕紫 洋・北海道・51・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お化けでもいいから、私に会いに来て。
お父さんの好きなお酒を一晩中飲もうよ。
もう糖尿病を気にせずいくらでも飲めるね。

(ミリ・大阪府・62・女性・父へ)

【第21次応募作品】

7歳で逝ってしまった兄さん
赤ん坊の僕をよく抱っこしてくれたんだって
月命日には今も妻とお墓参りしています

(さっぱり・大阪府・77・男性・兄弟姉妹へ)

【第21次応募作品】

お彼岸に行けなくてかんにんやで
多めな線香の白い煙にむせてたらカタカタ
返事がきたしオンラインミーティングしたい

(はなちゃん・大阪府・65・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お母さん何年も待たせてごめん
モッコウバラのつぼみ
今年はたくさん咲きそうです。

(ムーミンママ・埼玉県・52・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

短歌を詠むのが好きだったじいちゃん
入退院を繰り返した私が
新聞に載ったんだよ、じいちゃんの命日に

(あざらし・宮崎県・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

ばあこ、じいこと一緒に
大好きな知覧茶 喫んでますか
お線香上げ、碧い空に姿が浮かびます。

(嶋 伸春・神奈川県・73・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

ママより20歳年上、70才になりました。
もう、ママの声を覚えていません。
でも「聞くは一刻の恥」は忘れません。

(アサンガ・青森県・70・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

亡くなる前一度でいいから
お母さんでなくお母ちゃんと言って
甘えたかったな

(天野 美星・兵庫県・56・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

コロナ流行る前に
お母さんガンで亡くなったね
安らかな旅立ちでよかったよ

(天野 美星・兵庫県・56・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

かすみ草供えるね
素朴で飾らない感じ
母の好きな花

(天野 美星・兵庫県・56・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

メールに残っている数々の優しい言葉は、
今も消せずに残っています。最後のメールは
「誕生日おめでとう」でした。

(はるみん・東京都・63・女性・義父さん、義母さん)

【第21次応募作品】

故人と親しかった私の父が泣いていないから
私も涙をこらえて
そっと忍び手を

(みつき美月・山口県・16・女性・親族へ)

【第21次応募作品】

天国のネコ達へ
辛い日々が続こうと私は生きる
君達が教えてくれた「生きる」

(ネコ国王・青森県・35・男性・天国のネコ達へ)

【第21次応募作品】

お父さん
お経は短くと頼みました
いつもせっかちだったから

(天海・東京都・71・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お父さん
お酒を持ってきましたよ
天国でリモート飲み会してください

(天海・東京都・71・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

病院で会話も出来ずお別れしたお父さん
ちゃんとありがとうを伝えたかった
心の中でずっと語り続けるよ

(くみ・広島県・42・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

大好きなあなたのことを
これからもずっと覚えているからね
心はつながっているんだよ

(カサブランカ・東京都・47・女性・恋人へ)

【第21次応募作品】

これからもずっと
心はつながっているよ
永遠に大好きだよ

(カサブランカ・東京都・47・女性・恋人へ)

【第21次応募作品】

お父さんの写真
今日はなんだかおだやかに見えるよ
私の心もおだやかだよ

(わこわこ・福岡県・59・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お父さん泣かないで
大好きな歌を口ずさみながら
私はあの世で元気にしています

(ヨシオカ・福岡県・55・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お父さん
「ごめんね」も「助けて」も
「ありがとう」にはかなわない

(綿帽子・岡山県・49・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お父さんがいない春も、もう6年目。
うきうきはしないけど、心が穏やかになる。
そんな、お父さんのような今が好きです。

(朗さんの娘・東京都・53・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

最近、散らかっててごめんね
玄関が開く直前に急いで片付けてたんだよ
だからなかなか片付かないよ

(ゆっきー・大阪府・47・女性・夫へ・妻へ)

【第21次応募作品】

じぃちゃんとはよくオセロで勝負してたよね
勝ったら賞金10円、負けたら残念賞10円
おかげで、私はまだ強くなれないよ

(やん・岡山県・24・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

ご先祖様
皆さん成仏して下さい
そして幸せをありがとうございます

(えりぽん・広島県・47・女性・ご先祖様へ)

【第21次応募作品】

おふくろさん
毎日両肩を柔らかく揉んであげたね
でももうして上げられなくて寂しいよ

(孝太郎・千葉県・73・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おやじさん
あの頃のゲンコツ本当に痛かった
でも今では貰うことも返すこともできないよ

(孝太郎・千葉県・73・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

過去は過ち去ると書くけど
親不孝は歳を重ねて
自分を責めます

(桐山榮壽・東京都・64・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おばあちゃん、今日も来たよ
マスクごしにお香のにおいがする
まるで会話しているみたいやね

(三方よしお・滋賀県・37・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

とどくといいな
もうしんどくないよ
大丈夫だと

(えみ・香川県・45・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

季節が変わりましたね
私も変わりましたよ
ちょっと見ていきませんか?

(アロエ・山梨県・29・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

布団の足元が重い時は
君が来ているのかな
いつでも待ってるよ

(ゆうこ・山口県・46・女性・一緒に暮らしていた猫へ)

【第21次応募作品】

亡くなる前に抱っこして貰えたこと
それだけが支えだった頃がありました
私早生まれでよかったです

(すみれ・広島県・34・女性・親族へ)

【第21次応募作品】

おじいちゃん
いつまで経っても
いい報告ができなくてごめん

(すみれ・広島県・34・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

お彼岸ですね
黄色の水仙がきれいに咲きました
おばあちゃんの香りがします

(トンツクベ・神奈川県・46・女性・)

【第21次応募作品】

どこに行ってしまったのだろう?
もう二度と会えないのだろうか?
いや何時か必ず会えると信じてる

(萬福太郎・神奈川県・62・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おはよう
ごめんなさい
ありがとう

(万福太郎・神奈川県・62・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

母さんそちらで元気でやってる?
二人でよく旅行に行きましたね
私がそちらに行ったら一緒に旅行しよう

(私はだーれ・東京都・69・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

親父と久しぶりに二人で遊びにいった
そんなことを聞くと
うらやましく思ってしまう

(名無しの権兵衛・東京都・23・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

夏空と海の見えるお墓参り
昇る煙に、笑顔が見えた気がしたよ
元気かな?また会いたいね

(よしえ・東京都・38・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

私は35年営業担当。会長は嫌いだった。
首が繋がったね。会長の口癖、業績一位も。
晩年話術が会長ショック療法と知る。感謝。

(鉄腕ボトムアップ・埼玉県・71・男性・感謝)

【第21次応募作品】

会えなかったね
会いたかったよ
又 会いましょう

(kaako・兵庫県・61・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

あのね、今日ね!
あのね、今日ね?
大丈夫、元気にやってるよ。お母さん

(古子・熊本県・60・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

味方してほしい時
話かけてしまう。
いつまでもワガママでごめんね。

(さくらく・京都府・47・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おばあちゃん、
私もとうとう
おばあちゃんが亡くなった歳になったよ

(もずくl・山梨県・62・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

いつもの明るい笑顔
いつものきつい言葉
それに支えられて今の僕があります

(いっちゃん・岐阜県・62・男性・若い頃にお世話になった人へ)

【第21次応募作品】

お元気ですか
息子がようやく成人しましたよ
お父さんの喜ぶ顔が見たかったです

(いっちゃん・岐阜県・62・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

「いつもありがとう」
仕事で訪れるたびにそう言ってくれた
その言葉が支えで僕は頑張ってこれました

(いっちゃん・岐阜県・62・男性・仕事でお世話になった人へ)

【第21次応募作品】

あなたの優しさに包まれて頑張れました
あなたがいなかったら今の僕はない
また会いに行くから元気な顔見せて下さい

(いっちゃん・岐阜県・62・男性・仕事でお世話になったお客様)

【第21次応募作品】

なあ親父
育てた杉は大きくなったよ
価値は無いけど心の資産だよ

(谷やん・埼玉県・70・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

突然で、ほんとはまだ受け入れられなくて
よぉ来たなぁってまた聞ける気がして
ドアの前で待っちゃってるよ

(夏目わか・三重県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

ごめんね。病気になって
お母さんが言った
お祖母ちゃんが空から守ってくれるってね

(佐倉 碧・熊本県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

最期の日、言ったこと嘘になったね
私が結婚するということ嘘になった
だけど5年後に本当に結婚したんだよ

(佐倉 碧・熊本県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

お母さん、どうして逝ってしまったの?
お母さん、私を愛していたの?
大好きなお母さん。

(たいいりょう・静岡県・48・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

母さん
今頃父さんと会っていますか
二十年振りにやっと会えましたね

(かっちゃん・東京都・63・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

目を瞑ると
今でも聞こえてきそう
母の元気なしゃべり声

(かっちゃん・東京都・63・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お義父さん
京子もお酒が飲めるようになりましたよ
お父さんと飲みたかったがくちぐせです

(かっちゃん・東京都・63・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

在宅で拝む機会も多くなり
たてる線香数増えて
立ち昇る煙は蜜になる

(でえくのぼお・東京都・57・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

「ねえ、お母さん」「お母さん、あのね」
「お母さん」「お母さん」「お母さん」
多分、生前よりも多く呼びかけてる

(丸子・東京都・47・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

手を合わせて遺影を覗き込む
変わる筈ないのに毎回違う顔してる
それは私の心を映し出すから

(丸子・東京都・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

お父さん
娘の前では「じいじ」だけれど
遺影の前では子どもに戻れる

(丸子・東京都・47・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

いつも子ども達をかわいがり
子育て生活を助けてくれたね
母がした苦労がわかったような気がした

(はなちゃん・大阪府・65・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

ひいおじいちゃんの
目尻の皺からはいつも
優しさを沢山受け取っていたよ。

(りりっく・兵庫県・16・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

おふくろが逝って10年だね
今でも時折夢に出る貴女に
還暦が過ぎても叱られてる

(ひろかこ・大阪府・63・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

医師が言う
目や口が動かずも耳は最後迄聞こえるからと
子供達は一斉に、お母さん、お母さんと

(メルシー僕・東京都・76・男性・友へ)

【第21次応募作品】

ステイホームで
祖母の仏壇参る機会
密になる

(キャノンボール真崎・岐阜県・40・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

あーだ そうだ の くれたもの
まめに している ことだろか
お供え お茶でも 開こうか

(葉山 詩乃・北海道・18・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

お父さん
年にたった2回のお墓参りですが
これからも話しを聞いて下さい

(親不孝・兵庫県・70・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

時が流れ
父の思い出よみがえる
十三回忌

(とんとん・群馬県・60・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

茶湯器には水よりお酒が似合ってる
飲めば周りも愉快にしてくれた
あの世でも宴会部長やってそう

(ハリーポテト・神奈川県・61・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

卒業式の着物を縫ってくれた
針仕事が得意なおばあちゃん
白無垢も縫ってほしかった

(れんげ・大阪府・26・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

姉が墓を洗う。
父はきれい好きだった。
風呂上り裸で歩いて目のやり場なかったよ。

(にし・東京都・55・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

君が残してくれた
絆という財産
繋げていくよ

(感王寺・福岡県・60・女性・友へ)

【第21次応募作品】

お線香をあげない人 僕のことを家族は言う
人が見ている時に お線香はあげない
ひとりじゃないと 話ができないから

(風奈・神奈川県・58・男性・義父へ)

【第21次応募作品】

孫が生まれる直前まで
病室のベッドで頑張ってくれたじいちゃん。
今日は1周忌。明日、孫は1歳になります。

(麦茶・埼玉県・25・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

はじめて癌の手術をしてから
20年以上頑張ったね
ありがとう、お母さん

(すえの・石川県・35・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

じいちゃん、ばあちゃん
一緒の墓に入る人だから
探してください息子の嫁を

(さだ・千葉県・74・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

チョコ色のセーターを見ると、思い出す。
魔法のセーターだよとこすって,
手のひらに。チョコをのせてくれた…母。

(れん・愛知県・54・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

私の名を呼ぶ、声が聞きたい。
優しくて、暖かい声が聞きたい。
『おかえりなさい』の声が…聞きたい。

(れん・愛知県・54・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

ごめんねって、いま電話かけます
でもすぐに出ないで、まだ決心つかないから
素直になれるかな、あなたの声きいて

(中島あす香・東京都・57・男性・友へ)

【第21次応募作品】

無口な父は照れ屋でもあった。
私が連れてきた女性に目を合わせられない。
孫は女の子、仕草に目を細める父がいた。

(夢童子・茨城県・65・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

空の鳥かごを見て子が描くのは
あなたとの思い出の数々
素敵な時間をありがとう

(やすよ・兵庫県・37・女性・ペット)

【第21次応募作品】

「携帯の使い方はわからん!」
そう言うからハガキいっぱい買ったのに
大量のハガキ見たら、涙とまらんわ

(やすよ・兵庫県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

供えたビールが減ってる!
あなたのひ孫が大騒ぎ
遺影の祖父がニヤッと笑う

(やすよ・兵庫県・37・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

葬儀の日 遺伝子の強さを感じたよ
お祖母ちゃんの爪の形
私の爪の形と同じだったから

(佐倉 碧・熊本県・46・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

生きているのなら、そう言って。
だけど今更それはないよ。
だけど生きているって言って欲しい。

(佐倉 碧・熊本県・46・女性・恋人へ)

【第21次応募作品】

私と出会ってくれてありがとう
私を好きになってくれてありがとう
たくさん、ありがとう、さようなら。

(佐倉 碧・熊本県・46・女性・恋人へ)

【第21次応募作品】

死んじゃやだ
死んじゃやだ
もっと生きていて、、母さん

(すえの・石川県・35・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

わたしね 結婚しようと思う 
器が広いところ おじいちゃんみたいなの
いいよね おじいちゃん

(夏目わか・三重県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

手を合わせた時しか素直になれないけど
そんな私の全部を抱きしめるように
私の全部を愛してくれて有難う

(岸明日翔・東京都・16・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

初孫が生まれました。
親父が孫を超がつくほど可愛がった気持ち
やっと爺になって分かりました。

(ひーらームーン・東京都・67・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

何も残してないからなんて。
ちゃんと葬儀費用積み立ててたじゃない。
誤解してたばかな私、ごめんなさい。

(夕紫 洋・北海道・51・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

だいぶ花がしおれちゃったね。
初めての月命日来れてよかった。
四十九日にはまた花を持って来るね。

(夕紫 洋・北海道・51・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

私はいつもあなた達に守られていると感じる
だからどんな困難に直面してもへっちゃら
見てて!私は必ず乗り越えてみせるから!

(武士道を愛する女・群馬県・47・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

線香の1本は父に、2本目は母に
3本目は私に。これは懺悔の線香です
ごめんなさい。今年も納骨堂にいて下さい

(ひーらームーン・東京都・67・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

手話でお話しできずごめんね
最後の指文字
まだ覚えてる

(みやま・栃木県・22・女性・曽祖母へ)

【第21次応募作品】

もっと楽しいことしたら。
結婚して変わったね。
あなたにはかないません。

(夕紫 洋・北海道・51・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

何にも残してないから、
葬儀費用積み立てていたじゃない二人分。
誤解してたこと謝るの遅かったね。

(夕紫 洋・北海道・51・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

鈴ひとつ鳴らして灯す蝋燭と
三本のくゆる線香に
今日の始まりに感謝の合掌

(ひーらームーン・東京都・67・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

変わらぬ笑顔に
向かいあう
大切な、ときを止めたあなた

(ななし・静岡県・25・女性・恋人へ)

【第21次応募作品】

ただいま。
ようやく帰れた畳部屋
笑った父の遺影かお出迎え。

(梓ゆい・東京都・37・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

おじいちゃん。
ようやく話した甥っ子が
笑顔の遺影に手を伸ばす。

(梓ゆい・東京都・37・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

私にとっての1番のご馳走は
おばあちゃんが作る食事
食べられる内に作り方を教わりたかったなぁ

(おばあちゃんっ子・埼玉県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

真っ直ぐ上る煙のように
ゆらゆら上る煙のように
わたしの想いはいつもあなたに届いてる

(LOVE・東京都・36・女性・父や祖父、祖母へ)

【第21次応募作品】

おじいちゃんが亡くなる少し前名前を呼ぶ声
会いに来てくれたんだねありがとう!
ずっと大好きです

(春・北海道・35・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

お父さんが亡くなって20年になりますね。
お母さんが先月そちらに旅立ちました。
どうぞ夫婦仲良く暮らしてください。

(友心(ゆうしん)・東京都・56・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

深呼吸
中に広がる
あの匂い

(無理無理・兵庫県・14・女性・あの香り)

【第21次応募作品】

元気かと
花を持つ手に語りかけ
まつ毛の上に問いかける

(雪だるま・東京都・33・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

おじいちゃんおばあちゃん只今帰りました。
お父さんもお母さんも年老いてきました。
見守り下さい。

(NewOld・千葉県・53・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

たった二年の友達でした。
いずれは、忘れてしまうのでしょうか。
もしくは、いつかは逢えるでしょうか。

(木卯・大阪府・27・女性・友へ)

【第21次応募作品】

4年前の今日、2度めの入院の日
50年ぶりに11月に雪が降ったのね
雪降る中 頑張って行ったんだよね

(紫陽花・栃木県・55・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

紅葉も里まで下りてきて 初冬の漂いが…
また寒くなるね
お母さん…お茶飲もうか

(紫陽花・栃木県・55・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

ライの大好きだった窓辺に、
今日も午後三時の光が届いたよ。
お日様の匂いがするね、ライ!大好きだよ。

(やっこ・愛知県・44・女性・午後三時)

【第21次応募作品】

退局して開業しました
診療姿勢を変えないでおくためです
誠実に生きるためには変わらざるをえません

(ノボル・東京都・69・男性・大学医局の恩師)

【第21次応募作品】

前を向いて進むことはとても大変で
後ろを見ることには勇気がいるよね
僕は一度立ち止まって、君の声が聴きたいよ

(望月ウィステリア・東京都・17・男性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

煙の消えいく彼方に
見守ってくれてる光を感じる
大丈夫 ちゃんと生きていくよ

(はるさと・兵庫県・46・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

小さくて、恥ずかしがり屋だった君は
母になって、我が子に言い聞かせている。
昔妻が言っていたのと同じことを。

(夢童子・茨城県・65・男性・子どもへ)

【第21次応募作品】

お父さん、わたし結婚するよ
お父さんに似て、とても優しいひと
これからも優しく見守っててね

(みぃ・神奈川県・28・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

叔母がよく作ってくれた海苔のはさみ揚げ
今我が家の定番メニューになって
カリッとかじるたび笑顔になる

(ルッコラ・東京都・40・女性・親族へ)

【第21次応募作品】

お父さんが慕っていた一番上のお姉さん
久しぶりの再会を果たして
たっぷり語らってね

(ルッコラ・東京都・40・女性・父へ・母へ)

【第21次応募作品】

明日来るからね。と別れた翌日
婆ちゃ〜んって部屋を探すと倒れてた…
突然すぎて未だに受け入れられないよ

(トシ子婆ちゃん大好き・岐阜県・45・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

白玉クリームあんみつ チェックのシャツ 
御朱印帳 モンブラン 土産話
貴方へ届け この温もり

(なごみ・神奈川県・22・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

甘く香るばばのお盆、じじの招きに頬緩み
僕に孫が出来たなら、継ぐ想いがあるのです
線香に誓う、老と若、戯れる田畑、幸せの郷

(かずのしん・山口県・40・男性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

すべての人が
すべての人を
どこかで支えている

(ハッシー・兵庫県・38・男性・すべての方々)

【第21次応募作品】

我が子のように 幼き吾子に寄り添った老猫
老猫は逝き 我が子は旅立ち
今は自分一人で 思い出に酔いしれる

(Shinobu M.・香川県・52・女性・亡き愛猫)

【第21次応募作品】

人の名は その人だけの宝物
そう教えてくれた恩師は年と共に小さくなり
今は穏やかに永眠する

(Shinobu M.・香川県・52・女性・恩師へ)

【第21次応募作品】

寡黙な職人であった 頑固な職人であった
年老いた父が 初めて私に作品を見せた
そして今 父亡き後 私は一人 香を焚く

(Shinobu M.・香川県・52・女性・亡き父へ)

【第21次応募作品】

自分が愛されていたことを
今からでも確かめてみろ。とでも言うように
仏壇横のツーショットがきらめく

(美味しいセロリ・愛知県・23・女性・祖父へ・祖母へ)

【第21次応募作品】

線香をあげる、知らぬ人
誰かと話す祖母の表情
この感情は知らずにいたい

(悠・大阪府・13・女性・家族へ)

【第21次応募作品】

おじいさん大好きだよ
生きている間に
ちゃんと伝えれば良かった

(りゅう・神奈川県・51・女性・祖父へ・祖母へ)

このページのトップへ