やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第21次応募作品】

私にとっての1番のご馳走は
おばあちゃんが作る食事
食べられる内に作り方を教わりたかったなぁ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈おばあちゃんっ子・埼玉県・23才・女性〉からの投稿

私が素直になれないばかりに祖母とは毎日のように言い合いをしていました。でも祖母は、そんな私が頑張った時などにご褒美として母の代わりにご馳走を作ってくれました。母の作る食事とは違った優しい味付けが私は大好きでした。あの時素直になれていたら、もっとおばあちゃんと話していたら、おばあちゃんの作る料理が食べられる内にちゃんと作り方を聞いていたら、となくなって数年経った今でも後悔しています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ