やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第21次応募作品】

何にも残してないから、
葬儀費用積み立てていたじゃない二人分。
誤解してたこと謝るの遅かったね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈夕紫 洋・北海道・51才・女性〉からの投稿

いろいろな買い物の支払いが絶えず、貯金もない母にきついことを言っていた。母は自分と父の二人分の葬儀費用を積み立てていた。最後のメールで謝ったが、返事をもらう間もなく逝ってしまったこと後悔している。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ