やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第21次応募作品】

あーだ そうだ の くれたもの
まめに している ことだろか
お供え お茶でも 開こうか

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈葉山 詩乃・北海道・18才・女性〉からの投稿

小学3年生のときに癌でなくなった父との思い出を書いた詩です。父行きつけのタバコ屋さん兼駄菓子屋さんで、「お店の扉を開けたら、ごめんくださいと言いなさい。」、「お菓子は2個までだ。」、「姉の分も買いなさい。」とよく父に言われました。そんな声がお供えものでお茶をしていた時に聞こえたように感じ、この出来事を詩で表現したいと思い書きました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ