やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第21次応募作品】

手を合わせて遺影を覗き込む
変わる筈ないのに毎回違う顔してる
それは私の心を映し出すから

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈丸子・東京都・47才・女性〉からの投稿

小さい頃からお線香をあげるときに遺影を見るのが癖でした。大人になってからは毎回表情が変わるような気がして、時には遺影を見るのが怖かった。それは私の心の中を映し出す鏡になっていたからでした。私が悲しいと遺影も悲しい顔をして、後ろめたいことがあると怒ったような顔をして。写真だから変わる筈はないのに。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ