やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 50歳代

【第21次応募作品】

ねえおばあちゃん、余命2ヶ月と言われても
まだまだ食べっぷりは衰えません
あなたの娘は生命力にあふれてますよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈きはる・兵庫県・52才・女性〉からの投稿

母が末期がんの宣告を受けて、覚悟してくださいといわれていたけれど、食べることに命を燃やす母の姿を見て、こちらが元気になりました。いつも手を合わせてるご先祖様や祖父や祖母たちのおかげかと思っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ