やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第21次応募作品】

この煙りよ 届け 想いとともに
手を合わせ 目を閉じると
目の前に あなたがいるように思える

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈立川タヌ・東京都・33才・女性〉からの投稿

お墓参りに行くたびに 毎回 感じることがあって詩にしました。お線香をたき、手を合わせ目を閉じると 周りの音が一切消え、まるで、別世界にいるような不思議な感覚になります。目の前に、現れてそばで私の心の声を聞いてくれているような。目には見えないけれども 見守ってくれているような気がします。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ