やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第21次応募作品】

おはよう おやすみ
行ってきます ただいま
1番近くに居てくれるね お母さん

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈RAY・大阪府・55才・女性〉からの投稿

嫁ぐまでは、「おはよう、おやすみ」日常の挨拶を1番最初に交わすのは、母でした今、子供達が結婚をして独りになった私が日常の挨拶を1番最初に交わすのは、仏壇の中の母です母と云う存在は、この世に生を受けた瞬間から命が終わるその時まで、ありがたいものですね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ