やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第21次応募作品】

団らんの泣き笑いほど笑ってないね
仏壇横の写真
思い出す目尻拭く姿

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈もちもちマロン・愛知県・50才・女性〉からの投稿

遺影の写真は微笑んだ顔だけどいつもワハハハと泣くぐらい笑ってた。その後の涙をぬぐう仕草がセットでお参りするたびに思い出させる。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ