やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第22次応募作品】

ドアを開けると いつも よぉ来たなぁと 
出迎えてくれた ぶっきらぼうだったけど
また聞きたいよ 会いたいよ 

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈夏目わか・三重県・27才・女性〉からの投稿

今年2月末に祖父が亡くなった。コロナウイルスでお見舞いに行けないままなくなってしまった。1月にお正月に挨拶をしたのが最後だった。その時、みんなで食事に行きたいと言っていたが、コロナだからと挨拶だけにしたことを後悔した。いつもドアを開けるとよぉ来たなぁって言ってくれた祖父の声をまた聞きたい…また会いたいという想いをこめてよみました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ