やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[あなたへ]の想い 男性 30歳代

【第22次応募作品】

子供の頃の記憶から
あなたとの久しぶりの再会に
お世話になりました。と伝えます

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈Pekko・福島県・33才・男性〉からの投稿

血縁ではないですが子供の頃にお世話になった人で、癌になり余命を宣告されながらもコロナで面会もできなかった最後に会うこともできなかった。そんな時に、子供の時の私と、その人の顔が浮かんできたことを書きました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ