やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第22次応募作品】

九四歳目前で力尽きた母。
戦後の苦労の中で自分を貫いた母。
あなたの姿を追って最後まで生き抜きたい。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈チビ先・兵庫県・74才・女性〉からの投稿

母が亡くなって早や九年。身近にいて老いて死にゆく姿をしっかり学ばせてもらった。私も後期高齢者の仲間入り。最後まで自分を貫いて生きたい

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ