やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 女性 60歳以上

【第22次応募作品】

まだあなたが使っていた物が捨てきれません
少しづつ処分しなければと手に持つけれど
辛いのならば無理しなくてもいいよね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈浜バー・福井県・72才・女性〉からの投稿

夫が病死してから四年目、遺品に囲まれて暮らしているのは良くないと言われるけれど、そうしょうと思うけど、手に持つと色々思い出しためらわれてしまう。まだそのままにして置いても構わないよね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ