やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第22次応募作品】

生きてるときはケンカばかり
なのに死んでからは花を欠かさない
夫婦ってほんとに…

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈マグカップ・福岡県・56才・男性〉からの投稿

僕の両親はほんとにケンカばかりしていました。「もう離婚したら?」と言ったこともあるくらい。それが、父が亡くなってからというもの、毎日お仏壇にお花はもちろんのこと、春秋のお彼岸、お盆、年末年始のお墓参りには必ず連れて行けとうるさい。あれだけケンカばかりしていたくせに。ほんと夫婦ってものは.. ちなみに我が家はケンカはしません。ただ冷戦中なだけです。。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ