やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 30歳代

【第22次応募作品】

若い遺影に問いかける
お母さん、私は生まれてよかったの?
答えは決まって「美しく生きることだよ」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈七色・宮城県・30才・女性〉からの投稿

私が二十歳を迎え、子育てがひと段落したのもつかの間、母親は享年46歳という若さで亡くなりました。ろくに化粧もせずに女手一つで私と妹を育ててくれた母、そのたくましく、強く、優しい姿は生命の美しさそのものでした。その遺伝子を受け継ぎそっくりな姿に成長した私は、母の遺影や写真を思い出し、遠くから心の中で手を合わせ、自分の生き方を問い正しています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ