やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第22次応募作品】

おはよう。こんばんは。ありがとう。
私の心の庭にいるお父さん。
七年経つけど、ここはいつでも春ですね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈朗さんの娘・東京都・53才・女性〉からの投稿

亡くなって七年経つと、父ももうあまり夢に出てこなくなりました。でも淋しくありません。今も私の心の奥にある小さな庭で煙草を吸って日向ぼっこしていますから。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ