やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第22次応募作品】

泣いていい、泣かなくてもいい銀の窓
アトリエで、絵の具の空気を吸ったらば
いつも脳裏に 赤い油絵 半ズボンの父

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈唐木みちる・東京都・46才・女性〉からの投稿

画家で美術教師だった父。15年前に癌で66歳で逝った。が、いまもアトリエには父の絵がたくさんたてかけてある。アトリエを覗くといつもの身をかがめて油絵に向かい命をしぼりながら描いている姿が脳裏に浮かぶ。構想を練るのはいつも窓辺だった。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ