やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

お線香の煙が目に沁みるね。
そう言い訳するけど涙が止まらないのは、
お婆ちゃんと同じ匂いがするからなんだ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈BABY・埼玉県・48才・女性〉からの投稿

死後何年経っても、お線香の匂いは優しい祖母の記憶と重なり、ふと遺影を見上げると、涙が溢れて止まらなくなります。もちろん、煙が目に沁みたと心で祖母には言い訳していますけどお見通しかな。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ