やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 ~20歳代

【第11次応募作品】

会ったこともないひいおじいちゃん、
私のこと見守ってるって聞いたよ。
ありがとう。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈メロンパン・千葉県・20才・女性〉からの投稿

小さいころから父の実家に行くと、まずはお仏壇の前に座るように言われていました。会ったこともない人に何を話しかければいいんだと反抗的な気持ちでしたが、祖母に「ひいおじいちゃんに見守られているんだよ」と言われ、会ったことのない生意気な私を見守っているひいおじいちゃんは、きっと優しい人なのだろうと思いました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ