やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

祖父母の家を訪ねて仏壇にお線香をあげると
「がんばれ、いつもおうえんしているよ」と
ほほえむ、変わらぬ祖父母の深い愛情

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひーちゃん・栃木県・46才・女性〉からの投稿

働いていた両親の代わりに育ててくれた祖父母が天国に旅立ちました。けれどいつも味方でがんばれと応援してくれた祖父母は今も心の中でほほえみながら応援してくれています。祖父母の深い愛情を感じてこれから強く生きると決心しました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ