やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[友へ]の想い 女性 ~20歳代

【第11次応募作品】

どれだけ願っても千羽鶴は助けてくれないと
知ってしまった小学1年生。あれから15年
貴女はまだ、ちょんまげの似合う女の子です

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈翔子・山口県・21才・女性〉からの投稿

小学一年生の時に,クラスメイトが病気でなくなりました。いつも前髪をちょんまげのように結んでいた女の子。みんなで千羽鶴を折り、これが届けば彼女の病気が治るのだと信じて疑わなかったあの頃。衝撃が強いからと、通夜で顔も見せてもらえなかった。私の中で、彼女はまだ元気で小さいちょんまげの女の子です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ