やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[友へ]の想い 

※各作品の詳細ページは「詳細はこちら」ボタンをクリックするとご覧になれます。

【第20次応募作品】

何か欲しいものはと病床の友へ
間に合わずにごめんなさい
遺影に添えるボンタンアメ

(たけじぃ・鹿児島県・62・男性・友へ)

【第17次応募作品】

墓石の周りで 遊ぶ 子ども達
明るく元気な子に育っているねと
賑やかでも 静かな時を過ごした

(青い空・群馬県・43・女性・友へ)

【第4次応募作品】

煙と一緒に 空へ昇っていった君に
ありがとうって伝えたくて ここに来たよ
お線香の煙さん、空に届けてくれますか?

(若菜つばき・神奈川県・34・女性・友へ)

【第20次応募作品】

何度も苦しくて挫けそうになった
自暴自棄になって自分を消したくなった
そんな時欲しい言葉をくれて嬉しかった

(ピーター・栃木県・46・女性・友へ)

【第20次応募作品】

クラスメイトとして出会って
卒業後も手紙のやり取りをして
私と仲良くしてくれてありがとう

(ピーター・栃木県・46・女性・友へ)

【第20次応募作品】

ずっと会いに行きたかった
もっとたくさん話をしたかった
今も一緒に生きていて欲しかった

(ピーター・栃木県・46・女性・友へ)

【第20次応募作品】

小学校6年の時クラスの30人31脚
県大会で優勝して全国大会までいったね
でも、皆をおいてきぼりにして寂しいよ

(すえの・石川県・35・女性・友へ)

【第20次応募作品】

髪をリボンで結び 
一緒に笑っていた 学生時代
写真の中は いつまでも 色あせない

(miki・京都府・50・女性・友へ)

【第20次応募作品】

元気になったら上野の鰻屋へ行こうが口癖
元気になるために行けばよかった
遺影にそえる土用の鰻

(たけじぃ・鹿児島県・62・男性・友へ)

【第20次応募作品】

部屋がいつもと違うお香の匂い
友人が自分の家、自分の部屋でお香を焚いて
私の幸せを祈ってくれていた。

(西園寺アリサ・埼玉県・54・女性・友へ)

【第20次応募作品】

友達になろうと言ってくれてありがとう
数えきれないたくさんの思い出をありがとう
友達でいてくれてありがとう

(希為・大阪府・17・女性・友へ)

【第20次応募作品】

もう大丈夫だよ、心配しないでね。
口では強がり言うけれど
心の中では側に居てほしいと呟いてしまう。

(りゅう・神奈川県・50・女性・友へ)

【第19次応募作品】

君が逝った日桜が満開だった
あれから三年がたってしまったのか
今年も花がとてもきれいだよ

(じーじ・福岡県・79・男性・友へ)

【第19次応募作品】

福島の復興はまだ先の先かな
そんなことないさ、もうすぐさ
君の言葉が電話口から溌剌と

(はらは・岐阜県・51・男性・友へ)

【第19次応募作品】

新商品のジュース買ってきたよ
一緒に飲もう
乾杯しよう

(さき・大阪府・17・女性・友へ)

【第19次応募作品】

「また来たでぇ!」線香に火を灯し
ラジカセ置いて、スタンバイOK
泉谷しげる、一緒に唄う!

(極道東三国・大阪府・64・男性・友へ)

【第19次応募作品】

〜会いたくても、会えない切なさ━。〜
そんな、恋しい歌い文句があるけれど、
出来たらまた、会いたくなります。

(modoki・栃木県・46・女性・友へ)

【第19次応募作品】

なかなか足が運べず、ごめんなさい。
「お元気ですか?」
そう交わしていた頃が、懐かしいです。

(modoki・栃木県・46・女性・友へ)

【第19次応募作品】

「ミニ羊羹、賞味期限をチェックだよ」
ナース美和ちゃん、空からお告げ
4時間後、低血糖の患者さんを救ったよ

(ミルちゃん・東京都・55・女性・友へ)

【第19次応募作品】

君は病気で突然死して去ってしまった
発見したのは私だった
「もっと生きたいよ」君はきっと言ってるね

(あきらモール・東京都・60・男性・友へ)

【第19次応募作品】

お前の嫁さん 嫁にいくぞ
お前に申し訳ないって言ってたけど違うよな
一番喜んでるの お前だもんな

(debujun・東京都・48・男性・友へ)

【第19次応募作品】

貴女の生きた、その倍の年月が過ぎました。
私はこう見えて弱い所があるからなと。
自分に負けない様、貴女の分も生きてます。

(きくまる・奈良県・45・女性・友へ)

【第19次応募作品】

君に線香を毎日毎日手向けるのは
いつか僕達がそっちに行った時
あの頃みたいに仲良くしてもらう為だからな

(ストレンジルーマーズ・青森県・50・男性・友へ)

【第19次応募作品】

普段は思い出さないようにしているから
火をつけてから燃え尽きるまでは
お前のためだけの時間でいいよね

(馬場・東京都・21・男性・友へ)

【第18次応募作品】

死にたい その時出てきた貴方からの手紙
独りで泣くな そばに居る 夢を無くすな
貴方の言葉は 今また 生きのびる糧

(焼き栗・東京都・46・女性・友へ)

【第18次応募作品】

あの頃を思い出せば 笑った日々
最後に見たのは 真っ直ぐな目の貴方
今も笑っていますか

(しゅり・群馬県・38・女性・友へ)

【第18次応募作品】

お線香の煙がさ、なぜか優しく見えるんだ。
なんでだろう。なんでだろうね。
あの時、君が優しくしてくれたから、かな。

(笑鶴桃籠・愛知県・28・男性・友へ)

【第18次応募作品】

迷ったとき、どうしていいかわからないとき
いつもあなたに尋ねてる
凛としたあなたの姿勢を思い出し

(寿々・佐賀県・64・女性・友へ)

【第18次応募作品】

あなたからの
呼び出し音に
心満たされて

(ひわ・愛知県・78・女性・友へ)

【第18次応募作品】

令和になって会えてないけど、生きてる?
私はちゃんと、働いてるよ。
また、会える日を頂戴したいな。

(慧樹・東京都・26・女性・友へ)

【第18次応募作品】

仕事してる後ろ姿に直ぐわかり
声を掛けるといつも笑顔で応えてくれる
今では心に穏やかな時が流れる

(パステルイエロー・愛知県・44・女性・友へ)

【第18次応募作品】

妻を残して死にたくないんだよ
3か月の余命宣告されたあなたの言葉に
奥様への限りない愛を知りました

(sora・埼玉県・63・男性・友へ)

【第18次応募作品】

親友を亡くした私に奥さんは
寂しさないと答える電話
遺影と話せる今こそ大事

(頑張るピンちゃん・千葉県・78・男性・友へ)

【第17次応募作品】

お前の息子ももう高校生になるんだな
お前に似て人を笑わすことが好きみたいだ
ただお前と違って女子からはよくモテてるよ

(トミー・岡山県・46・男性・友へ)

【第17次応募作品】

じゃあ、またの。先に行って待っとるで。
そう言って君は逝ったけどの、
当分待ってもらわんといけんで。

(トミー・岡山県・46・男性・友へ)

【第17次応募作品】

最近ねなかなかあなたの事思いだせなくって
ごめんなさい。でも、辛い時やしんどい時は
助けてくれる。ありがとう。

(天使・大阪府・16・女性・友へ)

【第17次応募作品】

今年はね、こんな年だったよ。
毎年報告する自分が1番驚いてるよ
一緒に体験したかったなこの未来

(ももた・栃木県・38・女性・友へ)

【第17次応募作品】

孫みたいに
おもってくれるおばあちゃん
百まで生きてね。

(いっちゃん・山口県・36・女性・友へ)

【第16次応募作品】

一緒に見た花火が
今までで一番きれいでした
今年の花火はそこから見えましたか

(折鶴・岩手県・54・女性・友へ)

【第16次応募作品】

きのう、三つの宝石をもらった
仏法僧の教え
心に響いた、忍者はいきている

(エターナル・ブライト・東京都・42・男性・友へ)

【第16次応募作品】

君と別れてから五年目
やっと友達ができたよ
君もそっちでいい友達と出会えたかな

(清水心・東京都・16・男性・友へ)

【第16次応募作品】

いつも見守ってくれてありがとう。
貴方みたいに誰かに勇気を与えられる
ような大人になれるように努力するね

(みやび・愛知県・17・女性・友へ)

【第16次応募作品】

たなびく線香はラベンダーの香り。
あなたのくれたラベンダー。
今年も沢山咲きました。見えてますか?

(招き猫・大阪府・57・女性・友へ)

【第16次応募作品】

いつもお世話になってばかりだね
きのうもあの件を教えてもらったね
今度は俺が教える番だから、まっててね

(エターナル・ブライト・東京都・42・男性・友へ)

【第16次応募作品】

Yちゃんへお線香を上げるひとときだけ
12歳へ戻れる気がするとよ。
ねえ、今日はなんばして遊ぶ?

(おーちゃん・長崎県・49・女性・友へ)

【第16次応募作品】

毎年一緒に祝ったお誕生日。
今年はバラの香りのお線香贈ります。
バラの香り、天の国まで届いたかな?

(ミチババ・埼玉県・62・女性・友へ)

【第15次応募作品】

今年で旅立って10年
胸の中に秘めている想いはずっと変わらない
これからも貴女との思い出と共に生きるよ

(希望・愛知県・21・女性・友へ)

【第15次応募作品】

新しい土地で、一人頑張ってる君。
離れてても、目指してる夢は一緒だよ。
辛くなったら、何時でも弱音吐いてね。

(星香・神奈川県・20・女性・友へ)

【第15次応募作品】

亡くなった友人に言いたいな。
深く悩まなくてよかったんだよって。
でも、そんなあなたが好きだったんだよ。

(久野由美・愛知県・22・女性・友へ)

【第15次応募作品】

さようなら
声をかけても応えない
菊花の中で友は眠りて

(昭男・千葉県・73・男性・友へ)

【第14次応募作品】

ふとした時に思い出すのです
あの日に連絡しておけばよかったと・・・
またいつかそちらの世界で遊びましょう

(ぷれーりー777・東京都・49・女性・友へ)

【第14次応募作品】

1本のお線香が燃え尽きる間、
貴女の顔がくっきり浮かびます。
貴女との心と心のふれあいの一時です。

(たいらく・高知県・57・男性・友へ)

【第14次応募作品】

いつも明るく笑ってるね
あれから子供たちも大人になって
私は老けたし腰も痛いよ。

(夏 夢子・東京都・51・女性・友へ)

【第14次応募作品】

心から 幸せの おすそ分け
したいと 思い
小さな 花を あなたに 添えます

(ネムリスト・東京都・50・女性・友へ)

【第14次応募作品】

1人でカラオケを歌うと楽しい
みんなで歌うともと楽しい
みんなで大声で歌うともっともっと楽しい

(上野・東京都・50・男性・友へ)

【第14次応募作品】

貴女が亡くなって半年が過ぎました。
まだ、夢の中に出て来てはくれません。
会いたい思いが届いていないのでしょうか。

(小径・埼玉県・67・女性・友へ)

【第14次応募作品】

ありがとう
温かい 眼差し があり
私が います

(ネムリスト・東京都・50・女性・友へ)

【第14次応募作品】

前よりも口数が減ったって?
何言ってるの、心で会話してるじゃない
そっちだって、ちゃんと相槌してるじゃない

(こなお・東京都・47・女性・友へ)

【第14次応募作品】

いつもそばにいると思ってた
隣にいないさびしい気持ち
いつかあなたに届いてほしい私の思い

(コブタ・埼玉県・16・女性・友へ)

【第13次応募作品】

貴女と蒔いた花の種が
ほら庭に咲いたよ
空から見えたら手を振ってね

(まゆねこ・千葉県・61・女性・友へ)

【第13次応募作品】

よみがえる
おまえのの四季の微笑みは
春夏秋冬桜顔

(はらはら・福岡県・87・男性・友へ)

【第13次応募作品】

金木犀の香りとオリオン座が
君を連れてくるようで
ピースの形、文字の形、笑い声とその表情

(野宮丈史・兵庫県・37・男性・友へ)

【第13次応募作品】

こうして目を閉じると、目の前にいるみたい
あなたを感じながら、毎日過ごしているよ
私の声は、いつも届いているかな

(げんた・東京都・43・女性・友へ)

【第13次応募作品】

お前が居なくなって一年もたったよ
楽しい時に、ふと思い出すんだ
お前が笑った時の顔と声が

(ゴマフmine・東京都・20・男性・友へ)

【第13次応募作品】

おまえに又会える日を
いつも思っているけれど
もう少し頑張ってみるよ

(ベンゼン・神奈川県・70・男性・友へ)

【第13次応募作品】

久しぶり。
もうすぐ君の倍の歳になります。
辛い事もあるけど君の分まで楽しみます。

(ゆず・愛知県・40・女性・友へ)

【第13次応募作品】

可愛いお子さんは、貴女の年を過ぎました。
手を合わせる幼子から母の手になりました。
今も匂い袋がお守りです。

(だいちゃん・東京都・58・女性・友へ)

【第13次応募作品】

今年彼女の新しいお墓にお線香を立てた。
元気な彼女が後に倒れ故人になるなんて。
昇るお線香の煙、彼女は何を想うだろう。

(カッシー・埼玉県・51・女性・友へ)

【第13次応募作品】

ゆらゆらとタナビク香の階の向うに
あなたはいますか
わたしの言の葉を届けます

(酔兎・千葉県・45・男性・友へ)

【第13次応募作品】

つらい病気と、逃げずに闘いましたね。
心から尊敬しています
貴女の友達でいられて幸せでした。

(煌子・京都府・67・女性・友へ)

【第13次応募作品】

やさしくて あったかかった その声が
聴こえなくなって ずっと 穴があいてた
ねえ あなたは今 ここに来ているのですか

(大杉水穂・北海道・46・女性・友へ)

【第13次応募作品】

受取った訃報通知、冗談だと思いました。
回復を信じていたからこそ、でしょうか?
いつか御礼を言わせて下さい。

(sky5・千葉県・31・女性・友へ)

【第13次応募作品】

ゆっくりと眠ってください。
でも私がそっちに行った時は、起きてね。
話したいこと、たくさんあるのよ。

(みれど・富山県・55・女性・友へ)

【第12次応募作品】

稲穂が頭を垂れる頃君はどうしてる?
退院してると思う。てるてる坊主に
君の入院日数分の願いをこめて

(岐阜屋根の草・岐阜県・65・男性・友へ)

【第12次応募作品】

ガンはとうとう君の命を奪い去った
僕がついに君の戦いを正視できぬうちに
悔いが消えることはないだろう

(野人・福岡県・75・男性・友へ)

【第12次応募作品】

一年に一度、私たちが集まる日
社会人になっても変わらない、お前の部屋
今年は報告があるんだ、結婚したよ、私。

(みずぽん・東京都・25・女性・友へ)

【第12次応募作品】

天国でもバイクを走らせてるかい
心地よい爆音がときおり
カミナリとともに聞こえるよ

(なやな・岐阜県・48・男性・友へ)

【第12次応募作品】

バンド仲間でドラム担当だった君
何に苦しんだかくらい、言ってほしかった
今も耳に残るのは、君の刻む正確なリズム

(うさまる・神奈川県・30・女性・友へ)

【第12次応募作品】

入院中、いつも2人でコーヒー飲んだね
あなたはブラック、私はカフェオレ
買って来たよ。今日はとことん語ろうよ

(みにぃ11・神奈川県・39・女性・友へ)

【第12次応募作品】

全部私が悪かった
君に伝えたい言葉は2つだけ
「ごめんなさい」と「ありがとう」

(高橋聖子・東京都・37・女性・友へ)

【第12次応募作品】

楓ちゃん 大好き
楓ちゃんが 唯一の友達だよ
お互いに病気を治して又遊ぼうね

(高橋聖子・東京都・37・女性・友へ)

【第12次応募作品】

楓ちゃん 大好き
楓ちゃんが 唯一の友達だよ
私の結婚式のスピーチよろしくね

(高橋聖子・東京都・37・女性・友へ)

【第12次応募作品】

同級仲間の飲み会で
三杯目に手を出すと取り上げた強い君
糖尿の心筋梗塞で先に逝くなんて

(真友悼む・東京都・67・男性・友へ)

【第12次応募作品】

宇宙飛行士の訓練中だった君
秋の異常に寒い日に
東京北部の川でカヌーが沈して帰らぬ人に

(秀才同期生・東京都・67・男性・友へ)

【第12次応募作品】

小さい浜の危険を察した君
市会議員としての責任感から
自転車で避難呼びかけ津波に流された

(吊るし雛・東京都・67・男性・友へ)

【第11次応募作品】

手を合わせて今日も思うのです
あなたがここに、いない意味
わたしがここに、いる意味を

(山内梓・秋田県・22・女性・友へ)

【第11次応募作品】

君がいるのは、
空の上なんかじゃない。
僕の心のど真ん中だ。

(刹那・北海道・42・男性・友へ)

【第11次応募作品】

週末に電話で話して、週明けに故人だなんて
知らせを聞いた私は、自失呆然。
三倍速の人生、これも神の仕業ですか?

(みかど・広島県・64・女性・友へ)

【第11次応募作品】

どん底の私に生きる勇気をくれた
君が早世したあの日の夕日は
濃すぎるくらい赤かった

(はなは・岐阜県・47・男性・友へ)

【第11次応募作品】

おはよう辰夫!
生きて元気でな通男!
ありがとう!今日も生きます辰夫の分まで!

(奈菜子・東京都・63・男性・友へ)

【第11次応募作品】

天知る
君知る
だから、一生懸命に生きる。

(tacchan・静岡県・47・男性・友へ)

【第11次応募作品】

最近顔見てないけど元気かな?
ご飯たくさん食べてますか?
たまには夢で会おうね

(天使 ・埼玉県・37・女性・友へ)

【第11次応募作品】

桜の季節が近付くと思い出す、あなたの言葉
「好きな事してね。時間は思うより短いよ」
やっと一歩を踏み出します、見ていて下さい

(針と糸・京都府・46・女性・友へ)

【第11次応募作品】

お葬式で初めて会ったあなたのお母さん
あれ以来
ずっと年賀状でつながっているよ

(やす・静岡県・49・女性・友へ)

【第11次応募作品】

今年もあなたの命日が来る
毎年ご実家にお花を送っているよ
ご両親は元気だよ

(ありんこ・東京都・35・女性・友へ)

【第11次応募作品】

どれだけ願っても千羽鶴は助けてくれないと
知ってしまった小学1年生。あれから15年
貴女はまだ、ちょんまげの似合う女の子です

(翔子・山口県・21・女性・友へ)

【第11次応募作品】

私の心の中で生き続けるあなた
「こっちに来ないでもう少し頑張れよ」
笑顔で私を励ますあなたの声が聞こえます

(ゆみこ・東京都・38・女性・友へ)

【第11次応募作品】

「本当は、ちょっと好きだったんだよ」
最後まで言えなかったけど…
私もうすぐ、貴方の歳を追い越してしまう。

(小川春佳・東京都・27・女性・友へ)

【第11次応募作品】

お互いの愚痴も
二人で笑いながら慰めたね
あなたに会えたこと、宝物なんだよ

(ちほ・愛媛県・42・女性・友へ)

【第11次応募作品】

僕は友達がいないけど君はいつも隣にいた
なんでいつもいてくれるのと聞いたら君は
「お前といると楽しいからさ」

(てりやき・茨城県・21・男性・友へ)

【第9次応募作品】

早6年、後悔は嫌という程しましたよ
最近また、手紙を読み返したんですけれど
君は未だに友達だったんですね

(kitigaいちご・北海道・18・女性・友へ)

【第9次応募作品】

まだまだやりたいこと沢山あったよね
でも最期に少しの間みごと仕事復帰したよね
今、あなたに恥ずかしくない私でいますか?

(あい・広島県・37・女性・友へ)

【第9次応募作品】

返信が途切れたまま…旅立っていきましたね
今、伝えたいことはありますか?
心の電波は繋がっているよ。感度良好だよ。

(ひぃー・宮城県・47・女性・友へ)

【第8次応募作品】

静かな心で目を閉じれば
揺れながら昇っていく煙にのって
わたしの心が君とひとつになる

(みっき・東京都・41・女性・友へ)

【第8次応募作品】

誰も理解してくれないって愚痴った私
あなたの状況考えずにねひどいね。
ごめんねだって届かない。ごめんね。

(Naptime ・東京都・32・女性・友へ)

【第8次応募作品】

君の想いは途中で潰えてしまった。
でも脈々とその真髄は流れてる
君の子に君の孫に登頂すべき百名山

(屋根の草・岐阜県・62・男性・友へ)

【第8次応募作品】

可愛いあなたが、心の中で笑ってる
空からの眺めはどうですか、
夢でいいから会いたいと、ずっと語りかけて

(risa.h・愛知県・24・女性・友へ)

【第4次応募作品】

エネルギッシュに生きたあなたは夢半ば…
形は違えど、私に続きを描かせてください
だから、ここで、パワーをください

(きじとらん・神奈川県・29・女性・友へ)

【第3次応募作品】

君がいなくなってから、どんなに寂しいか
家族、会社、お金までも、虚しく思える
儚いという意味がやっとわかったよ

(モリシタ・富山県・55・男性・友へ)

【第3次応募作品】

少年の頃、ボール蹴りに夢中の日々
今はいない君を想い、懐かしさに涙するよ
俺も天国へ行ったら、また遊ぼうな

(モリシタ・富山県・55・男性・友へ)

【第2次応募作品】

いよいよ明日だぞ
お前の代わりにホームラン打つから
約束通り一緒に行こうな、甲子園

(りさこ・熊本県・26・女性・友へ)

このページのトップへ