やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 50歳代

【第11次応募作品】

曾祖母真似て仏壇に手を合わせてた3歳児
今は仏壇の曾祖母の写真に手合わす大学生
ひいばあちゃんまんまんちゃんあーんが日課

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈とりっこあ・大阪府・52才・女性〉からの投稿

娘は、1歳からひいばあちゃんが仏壇にお線香をあげるのをまねて「まんまんちゃんあーん」といってました。それがひいばあちゃんがなくなってからもずっと今度はひいばあちゃんにむかってそういうようになりました。いまは女子大生、ひいばあちゃんのおかげで、2浪の末に志望校にいってます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ