やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 50歳代

【第11次応募作品】

次に生まれ変わっても、大好きなお二人の
子供か孫になりたいの。勉強も手伝いも
今度こそ頑張るから、ね、お願い。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈公子・三重県・53才・女性〉からの投稿

もう一度生まれて来たら、優しくて大好きだった、おじいちゃん・おばあちゃんと今度も家族でいたい。わがままで出来の悪い孫だったけれど今度は頑張って、いっぱい幸せを二人に届けたいの。私にくれた愛情の恩返しをしたい。そう毎日思ってる。おじいちゃんが毎日お参りしてくれていたお仏壇にお線香をあげると、懐かしい匂いがして心が安らぎます。天国から毎日見守ってくれているおじいちゃん・おばあちゃん有難う。私のお願いが叶います様に。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ