やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第11次応募作品】

何かある度に名前を呼んでしまうから
いつまでもゆっくりさせてくれへんなと
笑ってる顔が思い浮かんでくるよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈小林智子・奈良県・38才・女性〉からの投稿

大好きだったおばあちゃんがいつも見守ってくれていると思っています。嬉しいことや、悩み事などお仏壇に報告するので、おばあちゃんはいつも私の心配でゆっくりできてないような気がします

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ