やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 ~20歳代

【第11次応募作品】

病弱な私とともに畑道を散歩した昔
あの道に咲いてた桜は枯れてしまったけれど
記憶の中では今年も綺麗に咲いています

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈メランコリー平良・沖縄県・27才・男性〉からの投稿

幼いころ病弱だった私は、学校を休みがちで祖父・祖母に預けられることが多かったのですが、その頃祖父の家の周りをよく散歩していて、その時に咲いていた桜を見ながらよく他愛無い話をしていました。その時のことを桜の木を見るたびに思い出して、詩にしてみました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ