やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第11次応募作品】

迎えに来たね。
おじいちゃん、おばあちゃん元気?
いまはどこの国を旅行中なのかな?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈けいたり・神奈川県・25才・女性〉からの投稿

祖父が亡くなり、その12年後に祖母が亡くなりました。祖母の葬儀の挨拶の際に、父が、寂しくないように祖父が迎えに来たのではないかと言っていました。旅行が好きな祖父母でしたので、亡くなり、御霊になり、色々な国へ2人仲良く旅行へ出かけ楽しんでいるのではないのかなと思い、この三行詩になりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ